読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

リュートンのコンビニ対戦記。

某青色系コンビニで働くリュートン(♂)が店内で起こることをお届けいたします

ミャンマーからの留学生に関西弁を教えてみた

 

どうも、某青色系コンビニで働くリュートンです。

 

今回はミャンマーからの留学生に関西弁を教えてみた」をお届けします!

 

どうぞ〜

 

ーーーーーーーーーー

 

切れ味のあるツッコミを習得してほしいがために。

僕が働くコンビニにはミャンマーからの留学生さんがいます。

f:id:ryuchin0489306:20170204003035j:image

※左が留学生さん

 

日本にきてから2年くらい経つそうなのですが、とても日本語がお上手なのです。

さらに仕事もかなりできます。

本当にすごいなと思っています。

 

しかし、気にくわないことが一つあります。

 

それは常に標準語で、僕が盛大なボケをかましてもツッコミを入れてくれないのです。

 

・パターン①

ぼく「今日ね、ここに来る途中で小さめのジャイアント馬場みたいなおばちゃん見たんですよ!!!」

留学生さん「、、、、、ジャイアント、、ババなのに小さいおばちゃん?ちょっとムズカシイネ」

 

・パターン②

ぼく「いまから4時間休憩もらいますねー!」

留学生さん「ソレハ、イケナイコトダヨ。オーナー ガ ユルサナイ。」

 

みたいな感じなのです。

 

ジャイアント馬場は知らなくてもいい!

ただ、4時間休憩とりますねに関してはツッコミがほしい!

そしてどうかこのことをオーナーには言わないでほしい。

 

そんな気持ちから、留学生さんに関西弁を教えることにした。

 

f:id:ryuchin0489306:20170204005104j:image

 

さぁ、ということでまずは軽いのから教えていくことにしました。

 

 

①どついたろか。

留学生さん「ド、ドツイタロカ?意味はナンデスカ?」

 

ぼく「ぶん殴るぞです。リピートアフタミー、どついたろか」

 

留学生さん「ドツイタロカ」

 

ぼく「ワンスアゲーン!ドツイタロカ!!」

 

留学生さん「なんだかコレは良くない言葉のキガスル。どこで使うの?」

 

ぼく「主にお金を投げて来るお客さんがきた時にこころの中で念じます。」

 

留学生さん「オゥ!ナールホド!オケィオケィ!ハハハハッ!ドツイタロカね?ドツイタロカァア!」

 

ぼく「」

※計り知れない留学生の潜在能力に気づいた。

 

②ハラワタ煮えくりかえりそうじゃ。

ぼく「つぎはハラワタ煮えくりかえりそうじゃ。です!」

 

留学生さん「ハラワ、ハラワ、、ハタワラ??ニケクリ?ニケ、、、、oh、、、、意味はなんなの?」

 

ぼく「どうしようもない怒りがもうすぐそこまで来てるぜメーンです」

 

留学生さん「ドコデ使ウノ」

 

ぼく「すごい列ができてるのにバックヤードから出て来てくれない人に届くように心の中で念じます」

 

留学生さん「ハタワラ、ニケクリ、カエリソジャ、ハタワラ、ニケクリ、カエリソジャ、、、、、なんだか呪文みたいだね。コレは日本の呪術のようなものなの?」

 

ぼく「大体そんな感じですね。ポイントとしては列が解消して来たタイミングを見計らってバックヤードから出て来たクルーさんの目をみて無表情で言うことです!できるだけ口は動かさず、音量も誰にも聞こえないくらいでボソボソいうと効果絶大です。

では実際に発声してみましょう!」

 

留学生さん「ハタワラ、ニケクリ、カエリソジャ。ハタワラ、ニケクリ、カエリソジャ。ハタワラ、ニケクリ、カエリソジャ。(ry」

※何かを思い出したのか、目を半開きにして随分気持ちがこもっていた。殺意さえ感じた。何があった留学生。そしてハラワタと言えないので、本当にミャンマーに古くから伝わる呪術のようになっている。

 

留学生さん「こんな感じでいいの?」

 

ぼく「いいですね!ではここからツッコミに入りましょう!」

 

③なんでやねん。

ぼく「これはぼくが大げさなことを言ったら素早くなんでやねんといってください!」

 

留学生さん「ワカッタ」

 

ぼく「明日ぼくアフロにしてきます!どう思いますか?」

 

留学生さん「ドツイタロカァ」

 

留学生とだけあって、飲み込みが早いようですね。

 

ぼく「ちょっと違う!そこはなんでやねんでいきましょう」

 

留学生さん「ムズカシイネ」

 

頑張ってほしいのでもっとボケて見ることにしました。

 

ぼく「留学生さんと話してるとなんかミャンマーの言葉わかってきました!アニョハセヨ!ほら、できてるでしょ!」

 

留学生さん「ハタワラ、、、ニケクリ、カエリソジャ、ハタワラニケクリカエリソジャ、ハタワラニケク(ry」

※本当のことです。

 

ぼく「ごめんなさい」

 

どうやら触れてはならないところに触れたようです。

もうこれ以上は誰も得しそうに無いのでここで止めておくことにしました。

 

留学生さん「次は女の子を口説く時に使える関西弁教えてヨ!」

 

ぼく「わかりました!」

 

、、、え、この人関西弁で誰かに告白する気なのか?なにおしえたらいいんでしょうか。

 

みなさんの中で告白時に使える関西弁を知っている人がいたらおしえてください

 

 

ーーーーーーーーーー

 

以上、ミャンマーからの留学生に関西弁を教えてみた」でした!

 

告白時に使える関西弁を教えないといけないので、このシリーズは第二弾があるかもしれません。

その時もどうかよろしくお願いします!

 

 

次回、「その時、世界は白に包まれた。」です!

 

よろしくお願いします!

 

 

※次回は2/17 20:00に投稿いたします。

よろしくお願いいたします。