読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

リュートンのコンビニ対戦記。

某青色系コンビニで働くリュートン(♂)が店内で起こることをお届けいたします

【緊急滑り込み企画】次世代恵方巻きの楽しみ方

 

どうも、某青色系コンビニで働いているリュートンです。

 

本当は前回の続きを投稿しようと思ったのですが、世間は節分一色な感じなので今回は恵方巻きについて投稿してみます!

 

 ーーーーーーーーーーーーーー

 

現在働いてるコンビニでは絶賛恵方巻き販売中です。

 

ここはコンビニクルーたるもの商品の味を確かめる必要があるだろ!

確かめなければ!!

全然食べたくないけど!!!

※理由:我が家では毎年恵方巻きを作っています。しかも大量に。オゥファック。

 

ということで、一番安くて一番量の少ないものを購入しました。

 

 

 

 

、、、そんな気がしてただけでした。

 f:id:ryuchin0489306:20170201202411j:image

クソッタレめ。

多いし、なんかもうゴッツイ。

 

サイズでいうとこんな感じ。

f:id:ryuchin0489306:20170201204051j:image

だいたい一本の長さが¥140くらいです。

 ※わかりにくい

 

ちなみにお値段は当初予定していた三倍の¥1,080。

予約時は夜勤明けだったので、脳みそ溶けてたんでしょうね。

 

自分で予約したので、誰にも怒りをぶつける事が出来ません。

怒りを鎮めるため、一度レクイエムを聞きましたがなんの気休めにもなりませんでした。

途中からは復讐したらんかいこのぉお!!

にしか聞こえなくて困りました。

※逆効果。

 

そうこうしている間に閃いたのです。

、、、そうだ。

いろんな方法で楽しもう。

次世代の恵方巻き、見せたろうや!

 

 

「思ってた三倍の量と値段の恵方巻き」を、どうせならバリエーション豊かに楽しんでやろうと。

 

本気でぶちかましてやるわぁ!

ウォッシャあああ!

恵方巻き祭りじゃああああああ!

 

恵方巻き祭り 開幕。

次世代恵方巻きというだけあって、昔のルールに縛られていてはいけません。(そう信じている)

従来の恵方巻きルールに抗っていきましょう。

ということで従来の恵方巻きルールと僕が考える次世代恵方巻きのルールをご紹介します。

※この企画でこのルールは一切守られていませんのでご了承ください。

 

従来の恵方巻きルール

  1. その年の恵方(方角)を向く
  2. 黙って食べる
  3. 一気に食べる

 

て言うやつですね。

では次に今回採用する次世代恵方のルールをまとめたのでご覧ください。

 

世代恵方巻きのルール

  1. 恵方(方角)には向く。
  2. でも、めっちゃしゃべる。とことんしゃべる。撒き散らす。いや、撒き散らすのはなんか良くないのでやめよう。すえ置くくらいにしときます
  3. 少しづつ食べる。ハムスターくらい少しづつ。いや、こうなったらもはや食べないぞ。

である。

 

こんなこと書いたら恵方巻き業界の重鎮がどこからともなく「こんのクソガキがぁ!恵方巻きをバカにしおってからに!しおってからにぃいい!」と打撃を繰り出して来そうですが、僕のアイデンティティをこんなところで曲げるわけにはいかないので突き進みます。

 

 

 

それでは早速次世代恵方巻きの楽しみ方をご紹介いたします。

 

・楽しみ方① 分解。

いや、悪ふざけじゃないです。

恵方巻き!恵方巻きやぁああ!」てみなさんよく言ってますけど、実際何が入ってるかちゃんと確認しながら食べてますか?

僕はイマイチ知らない。

恵方巻き偏差値は20程度でしょう。

僕のことをバカにしているそこのあなた。

あなたもきっとそんなもんです。

だから、この恵方巻きを分解する事で恵方巻き偏差値を向上させ、今後の食生活に彩りを持たせるのです。

 

ということで、早速分解。

 

 

 

、、、、ああ。

f:id:ryuchin0489306:20170203102503j:image

 

、、、嗚呼。f:id:ryuchin0489306:20170203105614j:image

 

ここで報われない恵方巻きを成仏させるため、おどってみました。

http://www.youtube.com/watch?v=Yw9n4It0Mjc

 

f:id:ryuchin0489306:20170203102003p:imageごめんなさい。ふざけました。

 

 

さぁ!

次の食べ方を試してみましょう!

次行こう!次!

 

 

楽しみ方② 友達に目隠しさせて食べさせてみる。

よく遊ぶ友達に近くまで来てもらいました。

ちなみにこの友達には何も伝えてません。

 

友達「おつか「アァしゃあ!!!」

 

お疲れーーいと言おうとした友達に高速で目隠しをしてみました。

 

ちょっとおこってますね。

 f:id:ryuchin0489306:20170203093249j:image

 

でもこれから恵方巻き食べるし許してくれるでしょう。

 

リュートン「はいどうぞ、お食べください。」

 

友達「、、、、え?なにを?あ、いただきます。」

f:id:ryuchin0489306:20170203093426j:image

 

そしてなんとなく握らせてみた。

f:id:ryuchin0489306:20170203094613p:image

 

f:id:ryuchin0489306:20170203094616p:image

 

 

友達「、、、、食べ物?たべるの?たべてもいいの?え?」

リュートン「どうぞ!早くたべて!!!」

友達「あ、はい、、!!!」

 f:id:ryuchin0489306:20170203093644j:image

 

 

 

友達「寿司やないかいー!!」

 f:id:ryuchin0489306:20170203094042j:image

 、、、怒りました。

 

 

そのあと美味しそうに食べ終え、以前よりも仲が深まった気がしたので万事オーケーでしょう!

f:id:ryuchin0489306:20170203095458j:image

 

 

・まとめ

いやー、恵方巻きって素晴らしい。節分最高。

しかしもう次世代恵方巻きともなると本当にたくさんの楽しみ方があるもんですねぇ。

皆さんがやってみた次世代恵方巻きの楽しみ方とかあったら是非知りたいです。

来年以降でやるかどうか検討いたしますので。

 

ということで今回は「次世代恵方巻きの楽しみ方」でした。

 

ありがとうございました!!

 

 

※企画で使用した恵方巻きはスタッフが全て美味しくいただきました。

f:id:ryuchin0489306:20170203143339j:image

 

 

次回は「突入(前回の続き)」をお届けいたします!

お楽しみに〜!

 

※次回は2/5 20:00に投稿いたします。

よろしくお願いいたします。